back to TOP

admin |  RSS
5a481ad1.png

コメント欄にコメントが来たなら、思った事を言うしかないと思う。
相手も恐らく思った事を書いたのだろう、だから私も思った事を書く。
そして私があまりに相手を拒否するなら、ブロックもするかもしれない。
相手も自分の意思で私に対してコメントするか決めている、私もブログを辞めるか辞めないかは自分で決める。

そして現実社会で、嫌でも相手の言葉を聞き続けなくてはいけないのは、業務か肉親か法律が関係する場合だけであり、このブログはそのどれでもない。
現実に私がするであろう一番近い手段を取る。
あまりに相手と意見が会わず、それでも相手が喋り続けるなら、本能に任せた衝突になるか、どちらかがサンドバッグになるか、相手が立ち去るくらいしか現実にはない。
私はそのどれもする気がない。

こんなブログをする以上、せめてコメント欄は開けるべきなんて良く言ったものだ。
クズのアンチも大抵性格が悪い、私が言うようなお安く清く正しい罰なんてない、あるのはほとんどクズによるクズ叩きだけだ。
適切な罰は人生と刑事罰だけだ。
後は同棲したからケジメとってちゃんと就職する人とか、私には彼等に劣等感以外に感じる感情があって、まだする事はあるのか?
スポンサーサイト
o0640033620161208152615.jpg

やっつけて帰ることしか考えてない。
私にはもはや元気がなく、天井が見えてしまったと言う気持ちしかない。
昔はまだ立て直そうとする元気があったが、私は偉大な人間ではなく世の中は学歴と人間関係だと分かった今これで、どうして立て直そうと思えば良いのか。
一時期は学歴を今からでも手にいれようと考えた事もあったが、私はやはり頭が悪い。
加えて人間関係が出来ない。
学歴社会に挑戦した私はやはり日本大学以下の、多摩美、武蔵美、東京芸大、大阪芸大以下の美大にしかいけなかった私の人生をなぞるようにそうなって(ちなみに多摩美、武蔵美を偏差値に例えるならマーチ、関関同立、もしくは早稲田、慶応の関係にあたり、東京芸大、大阪芸大は京大、東大に当たる。)また脱落していたに違いない。
私の人生は土台が無茶苦茶なんだ。

話は変わるが、たまに細々と暮らしていければ良いと言う人がいるが、そんなに簡単に細々と暮らしていけるものか?
貧乏人は常に死と隣遭わせにいる、だから皆過剰に貯蓄するのだ。
細々と暮らすとか、ミニマリストとか言い換えてみても貧乏人が危険な場所にいる事に変わりはない。
no.jpg

まるで自分の言う通りにすれば100%成功するような物言いの人達はネットには沢山いる。
言われる内が花なのは事実だが、大体ネットで偉そうに説教する人、アドバイスする人、物言いたがる人、大体が出歯亀で、彼等の言った通りにしても責任なんかとりはしない。
勿論それは他人の人生に、責任をとる必要はないが、彼等はあまりに無責任だ。

もときここ読んでるならこれだけ読んどいて

結局君の問題は一人っ子に生まれたったことに尽きるだろうな
兄弟いたり家族大勢中に生まれたら、生まれた時から人間相手に接してるから、自然と人間相手の接し方が身につくんだよ
兄弟と喧嘩したりしてるうちに、相手怒らせないようにするにはどうすればいいか、学習して無意識のうちに実行できるようになる
これは動物でも一緒
兄弟のなかで育った猫は仲間とじゃれて噛むときも力加減が分かっている
生まれてすぐは分からないから、じゃれたと気兄弟を噛んでボカスカにやられたり、
仲間に噛まれてこれぐらいで噛まれたら痛いってわかってるから他の猫も力加減して噛む
ところが生まれて直ぐ引き取られたり、一匹育った猫は力加減を知らないから他の猫や人間の手を思いっきり噛んで、ボカスカにされる
結局お前はコミュ障じゃなくて、一匹でそだてられて、人間相手の加減の仕方を知らないで、いい年こいても試行錯誤してるガキだよ

お前が自分がコミュ障コミュ障って言いながらタクシーみたいな接客業行ったり、YouTubeなんてやってる矛盾も一人っ子であることが原因
一人っ子だから本質的には寂しがり屋でかまってほしくてしかたがない
しかし、他人との接し方を上の理由でしらないから傷つく
そしてまた本能的な寂しがり屋の本性からYoutubeで喚いてコメントを求める
お前がコミュ障であると思い込んでるのに、YouTubeなんてやって人前にでることに矛盾はない
そもそも前提が間違ってる
お前は人間嫌いのコミュ障じゃない
人間嫌いのコミュ障は人の顔も見たくないので外に出ないし、タクシーなんて恐ろしくてやらない
お前は本質的には寂しがり屋で、人恋しくて仕方ない男
単に一人っ子として生まれて、他人との接し方を知らないので毎日きゅうきゅうしてるだけ

【元期間工】もときちゃん Part3【幸田町】 [無断転載禁止]©2ch.net



またもとき王子様(現もときちゃん)の話だが2ちゃんねるのもとき王子様スレに書き込んだ彼は結局は何も知らない。
それは別にもとき王子様の動画を全て見る必要はないが、彼はもとき王子様の家族構成をそもそも間違っているし、そしてその間違いを指摘されて、言った言葉がこれだ。

もときは兄いるの?
一度も語ってるの聞いたことないが
まあ兄貴とも仲悪いんだろうな

何れにせよもときは根っからの寂しがり屋でYouTubeで喚いてるだけだよ
本物の人嫌いがタクシーなんか応募するわけないし、
YouTubeなんかで顔出ししてしゃべるわけもない
もときはその自己矛盾に気づいてない


結局彼の言葉を聞いてもとき王子様はどうなるというのか?
まるで自分の言葉を聞けばすごいメリットがあるようか書き方でありながら、アドバイスする相手の事を大してちゃんと見てはおらず、間違いを指摘されたら″は?そうなの、まあこんな奴だから兄とも仲悪いんだろ?″的な言い方だ。
一人っ子だから問題があると言う前提がそもそも間違っていて、その前提が間違っていても、この言い草。



ネットの連中がするアドバイスなんて結局はこの程度のもので、以前そもそも2ちゃんねるで聞く事が間違いなのだが、″文化祭休むけど問題ないよな?″と言うスレを立てた高校生に大してもネット民は、この態度だった。

″特に問題はない


一生後悔する以外には″

″そう、ならいいんだが。
だけど、勿体ないな、あんだけ楽しいのをサボるのか
みんなギスギスした気持ちなくなってるから仲良くなれるチャンスやで″

″こういう時すら参加できないと一生そのままやで″

″ここがみんなと馴染むチャンスだろ。仲良くなっておいて損はないぞ。
へんなプライド捨てろよ。″

文化祭休むけど問題ないよな?




それに対して私はこう書きこんだ。

″言っとくが絶対友達できるとか
休むべきだとか言ってるやつ
絶対違う結果になっても責任とらないからな
当たり前だけど″


するとネット民によく入る″無知の知″みたいな上部だけのテクニックを使う人間が″責任って何?″と聞いてきた。
こうやって細かい言葉尻を捕まえて議論に勝とうとする人間はネットにはよくいる。
例えば右翼と言う言葉を使えば″右翼って何″→右翼について説明すれば→″それでは説明になってはいない質問に答えろ″or″じゃあ右翼と左翼の違いって何?″等と色々と難癖つけて相手が根負けするまで質問を繰り返す。
話し合う事が目的ではなく、相手を言い負かす為の2ちゃんねるにおいてまともな話し合いはできない。
結局は負けを認めない人間が勝つと言うちんけな場所で、どんな不誠実な対応をしようと議論に勝とうとする輩が沢山いる。

結局彼は私がレスする度にしつこくレスをしてきて、彼はネットと言う場所がいかに不誠実かを示すために文章に取り上げただけで、ここから先は無視するのだが(今レスを見たら、少し時間をおいて言い返したのがばれないような時間を見つくろって結局彼は最後の最後までレスを返していた。)、結局私の″俺は行けば友達ができるとかそういう意見が本当か行って証明してほしいけどな、いっその事″と言う言葉に、答えてくれたのはあれだけ自信満々のレスをつけてくれた中で一人だけだった。
彼はこう答えた。

100%できるわけではないだろ。できるチャンスがあるだけ。


これに対する誰かのレスが

ようするに友達できる可能性がゼロから1%に変わるだけって事でしょ
どうせ出来ない



当たり前だが、これが世の中の個人に対する態度だ。



ネットの人間と話し合いは基本的に無理だ。
何故なら彼等は欲望の為に行動し、だから他人を尊重しない。
ネット民は、基本的に悔しがる顔見たさか、承認欲求の為に行動している。
そんな人間に対して話し合いは通用しない。
成功も失敗も、大抵の場合他人は大して関係していない。
私が勝手によくなり、私が勝手に悪くなる。

大して関係もしていない癖にまるで、生まれて来る前から手前に関係している関係者のような顔をして、適当な事を言い、アドバイスどうりにしても実りがなければ、苦笑いして何も言わないか、努力が足りないとか適当な事を言うか、ふーんとも言いたげな態度をとるか、初戦その程度だ。
ネットにはまるで、私は関係者とでも言いたげに人を悔しがらせようとする人間が沢山いるのだが、相手はユニクロの社長か?ワタミの社長か?竹中平蔵か?大抵それ以下の存在でしかない。

大して世の中を動かせる力もないのに気分は内閣総理大臣だ。
手前がいくら年収を儲けていようが″立派ですね″としか言い様がない。しかし、それを傘に来て、怠惰ともともと持っている資質の違いを見極める難しさについては口をとざし、″俺はお前等を負かしてやった。負けたのはお前等が怠惰だからだ、どうだ悔しいだろう″等と言われても、どうせ相手はこちらと話し合う用意はなく、只悔しがる顔を見たいだけなのだから、何も言わない

竹中平蔵は政治に関係しているから恐ろしいのであって、堀江貴文が同じ事を言ってもさして恐怖はない。
大抵の人間は、ましてやリアルでは関係のないネットの人間なんて、どんなに意気がっても大抵は私の勝ち負けには関係していない。
誠実な人間の言葉なら間違っていると感じても聞くのは道理だが、不誠実な人間なんて初戦自分の都合の良い解釈を述べるだけだ。
大体が役には立たない。
cb022c43.jpg

厳しい言葉だから聞かないのか、都合が悪い言葉だから聞かないのか。
確かにそういう事もあるだろう。
私は弱者は批判されるべきだと思うし、罪人は裁かれるべきだと思う。
そうではなくては当事者はいくらでも堕落し世間にしめしがつかない。

しかし、メリットのない言葉なら聞きたくないと思うのは普通だ。
厳しいだけで付き合っても成長がない、都合が悪いだけで聞いても改善のできる類の話ではない。
そんな話を我慢の限界を超えて言われると、最早聞く耳を持たなくなる。
そういう事も多々あるだろう。
しかしどうして人は厳しい話や都合の悪い話を聞くのか理解しない人達は逃げたのだと後ろ指をさす。

逃げたと言いたがるのは2ちゃんねらーだが、Twitterの住人の場合。
私は見込みのない人間なのでそういう目にあったことがないが、大抵は「俺の話を聞かないなんてチャンスを逃したな」とか、「俺だって大変なんだよ」と逆ギレする人もいた。
ええ何それはと言った感じだった。
チャンスを逃したみたいな捨て台詞を吐く人は多いのだが、ネットで不用意にアドバイスをしたがる人間なんて大抵の場合、当事者にも物事を考える能力がある事を忘れている。



既にとっくにご存知の事実だったり、手前が言ったとうりにしても現状維持か+1程度の改善がせいぜいで(しかし大抵相手はそれをやれば+100改善するような物言いをする)だから反論すると、相手はこちらの事を捨て犬でも撫でるように適当に接しているから、噛みつかれたようにビビって「チャンスを逃したな」みたいな適当な捨て台詞を吐くんだ。

少し話が変わるが厳しく接するのとイチャモンをつけて接するの区別はどこにあるのか?
いや全然違う。
しかし勘違いしている当人達は多いだろう。
CIMG0539-1.jpg

手前は手前の性(さが)で、勝ちだと思う行為を続けて入れば良いが正直私はそれに興味がない。
手前の発言や行動で不安になるのは、未来が分からないからだ。

結局今に満足していても、貯め混まないと大変な事になるという確信があるから、高所得者の発言に不安になるだけで、仮にこのままで生活できるなら、どうぞ手前は手前の性(さが)と才能で御勝手にしていてくれと思う。

日本に生まれた以上搾取されていると言っても酷いくらいに富を独占している存在がいる訳ではないし、ロシアのミハイル・ ゴルバチョフが 「日本は世界で最も成功した社会主義国だ」 と評したように、ニュージーランド等と比べない限りこんなに弱者に優しい国もない。
私は自分の自己責任で負けたのであって、そこには誰も関係していない。
本来なら、別に勝ち組が羨ましい訳ではない。

しかし、高所得者の発言にどぎまぎするのは、未来が分からないからであって、初戦未来が決まっていると言う考え方を私はしていて、やはり結局は何人足りとも私の勝ち負けには関係していないと考えるのならば、彼等がどういう生活をしていて、何をしようと、全くどうでも良いのだがそれでも気になるのは達観できていないからだ。
a0026568_0221613.jpg

異常事態と言うのは、よっぽどとち狂った結果が起きない限り指摘はされない。
それはジーク・ハイルと唱えるドイツ国民に、パリは燃えているかのテーマをのせれば簡単に、異常事態を演出できるのだが、当時の人達はそれに気付いてはいない。
それはとても恐ろしい事である。

異常事態が起きたとして、大抵の場合その異常事態の元を辿っていけば″こんなの絶対可笑しいだろう、誰か気づけよ″と言うような兆候が色々と出てくるのだが、大抵当時の人達はそれに気付いていないか、気付いていても薄ぼんやりと見ている。
そして指摘された時にはじめて適当な意見を言い、野次馬も聡明ぶって色々言うのだが、そもそも人間と言うのははじめから善悪、可笑しい、可笑しくないの区別がついている訳ではなく、親や他人から散々指摘されて良識に目覚めている。

それは大人になってもそうで、大抵の場合指摘されないと気付きはしない。
今もどこかで異常事態は起きているのだが、それを取り巻く当人や周りの人達はきっと異常さには気付いてはいない。
何となく可笑しいと感じていても、きっと呆然と見つめていて、多くの人に指摘されるような事態になって始めて″ハッ″とする。

ネット民なんか自分も含めてなぜか聡明だと言う勘違いをするのだが、自分の非を指摘されたら精一杯責任逃れをして、他人の非には何一つ言い分を聞かなくてはそれは聡明なふりや勘違いはできるだろう。
何が言いたいかと言うと人間は意外と一人では可笑しい、可笑しくないの区別は付かず、周りの同調圧力を都合よく取り入れて生活していると言う話だ。
que-12161524467.jpg

メイプル超合金のカズレーザーと、ユウチュウバーのもとき王子様(現もときちゃん)には共通点が多い。
まずもときさんは東のマーチなのに対して、カズレーザーは西の関関同立。
同級生に当たる年齢かは知らないが年齢はほぼ一緒であり、余談だがバイセクシャルを公言するカズレーサの同志社大学の芸人と言えば、ハード芸ネタでブレイクしたレーザーラモンHG。

芸人の道を挫折し、ユウチュウブで活動しているもとき王子様の出身大学が産み出したのは、ニコ生主のニートスズキと、2ちゃんねるの産みの親である 西村 博之。
カズレーザーも、もとき王子様も第一志望が出身大学ではなく、もときさんが無内定卒業で就職活動をしていないのに対してカズレーザーは銀行の内定を蹴っている。

ここからは共通点ではなく真逆の要素であるが、根から明るくどこに行っても成功しそうなカズレーザーに対して、人間関係に問題を抱えどんな道を歩んでも一度辞めると言う過程を経てからしか、人生に折り合いをつけれなかった可能性の高いもとき王子様。

メイプル超合金が結成したのは、4年前。
もとき王子様がユウチュウブを始めたのも約4年前。
芸人を辞めようとしていた安藤なつをカズレーザーが誘いメイプル超合金は結成されたが、ユウチュウブを始めた時にはもとき王子様は芸人の夢を明らめている。
images_20161217001808762.jpg

私のようなよく分からない朧気な人間の記憶はつまりは信用できない訳でソースがないなら本来なら書くべきではないのだが書く。
昔身体障害か知的障害者かは忘れたが、とにかく何らの障害を持つ方が″産まれてくる前に障害が分かる″と言う事は、産む産まないの選択に係わる事であり、つまりそれが分かれば障害者である私は産まれてきていない可能性がある。
つまりはそういう医療に反対していると言っていた。

私はこういう性格なので「訳が分からない事を言うな」と思っていたが、最近それは所詮健常者の意見なのだと気付いた。
きっかけはTwitterのブログ村のダメ人間カテゴリーにもブログがある方の発言なのだが″ADHDって完治するもんなの?″と、それに対して私は

ADHDを完治させるなら、運動神経のない人に運動神経を与えるみたいなもので自分は無理だと思う。
ただ将来産まれてくる前にADHDか分かる程に医学が進めば


とエアリプした。

私は人間としての魅力が皆無なので、Twitterでリプと言うものをまったくしないのだが、余談だがこの人と介護関係で働く予定である方は、いつも頑張っていると、勝手に尊敬している。



私はよっぽど切羽詰まるまで調べません。
よく分からない学者が作ったランクづけにのりたくはないし、そういう診断がでたらでたにしろ、今まで自分の性格の一部として受け入れていたものを勝手に障害にされたくないからです。


その時にふと思ったんだ。
私は上に書いた通りのポリシーであり、今まで障害でなかったものに対して、障害者のラクインを押される事に″世界権力者が人間をカテゴリー分けしようとしている″と勝手に憤慨しているので、自分が発達障害かは調べていないのだが、将来発達障害か産まれてくる前に分かれば私も同じなんだ。
産まれてきていない可能性がある。



話は少しずれるが私はあまりネット上では死にたいは言わない。
それはリフォーム会社時代にフラフラの上、上司に怒鳴られている中、背筋がスッと寒くなり死神に鎌を構えられたような心境になり″過労死って多分こんな風に死ぬんだ″と言う心境になったからだ。
場所も屋根であり、まあ落ちても死にはしないのだが、それでも思ったんだ。
″死ぬのは恐い″と。
これと様々な要因があり、私は普段死にたいとは言わないのだが、言わないだけで私は普段からそういう類の人間だ。

しかし実際問題、将来発達障害者は将来産まれなくなる可能性がありますよ。
あなたはどう思いますかと問われたら簡単には、意見を返せない。
″そもそも私はネトウヨが、自分はネトウヨだと決して認めないように発達障害と言うものを認めていないので″なんて言い始めると、益々話がえやこしくなるのだが、この文章の落とし所は一体どうすれば良いのか。
いつも最後の文章に悩むし、適当に締めると結構他人には分かる。



話は変わるが(もしくは戻るが)、私はリフォーム会社をすぐ辞めてからいよいよ簡単に死にたいと言うのを辞めたのだが、よく物事を考えない人なら言うだろう。
″死にたいと簡単に言う奴はトビをやれ″とか。
始めの文章とはあまり関係ない話で文章が終わるのだが、人間と言うのは作為が丸見えだとのりたくないと言う人が結構いるもので、自分から選択した訳ではないのに、無理やり首根っこ捕まれて体験させられた事なら意地でも相手の作為どうりに思ってやるものかと言う人が一定数いる。
″何で一々そんな言い方で、相手を納得させようとするのか?例え正論だったとしてものっけから聞く気をなくす″と言うような人がネットには結構いるのだが、ネットだから相手が見えにくいんじゃなくて多分現実でもそう言う態度だろう。
ダウンロード

気がついたら私の兄弟達は平均より頭が良かった。
自分の馬鹿さ加減には気付いているので、私が平均より馬鹿なのは知っている。
しかし私が当時絵なんて描いてなかったら流石に学歴を目指したはずだし、眼が見えても結末は変わらなかったと思うが、その後悔をすでに埋めようがなくなっている。

私が学歴を持ったなかったものの苦しみならユウチュウバーのもとき王子様(現もときちゃん)は学歴を持ったものの苦しみだ。
持ったからこそ過去に後悔が募る、公務員になれば良かったとか、大企業に勤めれば良かったとかその他もろもろだ。
物心つく時期と言う言葉があるが、つまり自我が芽生えそして今の私と記憶を共有して、目の前を見た私のはじめての記憶だ。

それが遅いと物心つくのが人より遅くなんて言ったりするのだが、自分の心がつき、他人の心が分かり、世の中が見え始めるのも人によって差異がある。
物心つく前の自分と言うのは自分であって自分ではない存在であり、世の中が見えていなかった頃の自分と言うのも自分であって自分ではない。

後で気付いても、しょうがのないことで、ただ頭を抱えるしかない。
芸人目指すならサンミュージックを目指せば良かったとか、大企業・公務員目指せば良かったとか、もとき王子様の性格なら大企業に入っても恐らく一度は辞めているのだが、辞めるという選択肢にピンと来ない公務員は心残りだろう。

しかし、もときさんはもともと現場監督の親父に育てられたこともあり、ピンと来なかったんだろう。
公務員なら辞めないと言っても号泣議員の野々村竜太郎は、何の展望もなく性格が災いして公務員を辞めているし、Twitterでもそれとは知らずに二人フォローしていた。
人間の失敗と言うのは大体が心の弱い所をついてくるので、今と変わらない可能性は大だが、それでもこの葛藤はいかんともしがたい。
Template by :FRAZ