back to TOP

admin |  RSS
v3KsG_mY.jpeg

そろそろ放置しなくてはいけないと思う。
匿名の私の全てを。
1ヶ月程度放置したいと思うが中々手が止まらない。

私のブログを誰が見ているのかは知らないが、恐らく私と同じような人達だと思う。
一言で言えば何だかんだで自分は真面目に生きていると思っている人達。

引きこもりおじさんのブログは私は一記事読んだだけで箸が止まったがどんな年齢になろうと同年代はいて、ああ言う一面に共感する同年代もいる。
だからこういうブログはある程度は読者がほんの少しはついてくれるのだが、それも私が同じ場面で停滞していたら飽きられてしまう。



フリーターでニコ生やっているような人間のブログは面白くはない。
安い労働と安いメディアで満足している人間の人生なんて毎日同じ事の繰り返しで深みがない。
私が雑多にニートスズキタイプと読んでいるブロガー達は単調な毎日をどこか特別なように偽装しながら毎日を生きている。
王様であるニートスズキ以外は皆単調で見る必用もない。
私は彼等とは違うと思っているが実際は全く同じだ。



毎回苦しくなったらツイッターに顔を出して、今までよく思われていなかったフォロワーが減ってあのアカウントはいつまで持つのか。
それともフォロワーの数を気にすること事態が私が業務を辞めたような雑多な物か。
最近本当に思うのはこういうブログの上がりは現実の縁に繋げる事だ。
ユウチュウバーだってニコ生主だって界隈のブロガーだって皆コラボを始める。
コラボを積極的にしなかったbライフは廃れた。

今の事業所のおじさんははじめはインチキおじさんだと思いあまり好きではなかったし今でも半分疑っている。
あのおじさんは始めはうざがられていたが、段々と本当に気の良いおじさんである事が分かってきて皆付き合いをするようになった。
あのおじさんの根底には寂しさがあるのは分かるが、寂しい人間でありながら他人と堂々と接する。
それはあまり出来ない事だ。

私が寂しい人間なのもあるが、あんな年齢の人に友情を勝手に感じて少し戸惑った。
老人が腹の足しにならない会話しかしないのは老人だからではない。
相手を対等な人間として見ないから話にならないんだ。
私と同じようにどうしようもない思いを抱いている人がいるなら、割りとガチで何歳でもよい。
縁を伸ばしたい。



私みたいな人間が世の中にいるのは分かっている。
その人達は根底ではやはり人と付き合いを持ちたいと思いながら、恐らくはあまり良くない死に方をする。
そういう人達と縁を持つことは出来ないのか。
何も考えずに人生の辛さを語り合えたらそんなに楽しい事はないし、駄目な人間と思われて退かれても学生時代のように無様になれたなら私はそれで良い。

しかし今の私では果たせない。
このままでは段階を踏むこともなく全くこのブログの未来も見えなくて恐い。
人生にネガティブな人が集まって辛いと言い合える場所はどうやったら作れる。
別にショボいおっさんが来たって″あんたも大変だな″と本当に思える相手とマジで腹を割って話せるなら絶対に楽しい。
そういう場所をどこかに作れないか。

作りたいサイトはあと二つある。
ライトノベルを完成させて、実在の犯罪者が殺し会う漫画を2ちゃんねるに上げたい。
関関同立に合格する。
現実もあわせて全て行き詰まっている。
とにかくこのままこのブログを進めてもアフィリエイトの足しにはなるが、全く展望が見えない。
それが恐ろしい。

日にちが重なっている記事の日数を変える作業はするが、今から1ヶ月間を目標にブログを更新しない。
とにかく行き詰まっている。
スポンサーサイト
images_201702280121429df.jpg

私みたいな人間はこのままじゃずっと居座ると思われた後に急に仕事を辞めて拍子抜けされる


もう辞めないだろうと思っていたツイッターの人が二名会社を辞めて驚いている。
一人はフォローはしていないがおすすめユーザーにたまに上がる人だが、その人の話ではなく冷遇されても辞めない旨を見せていて、これは完全に大人の行動だと感心して見ていたが結局は辞めた。
私が一番よく見ているユウチュウバーのMさんも急に仕事を辞めるがどうして人間関係が不得意な人間が急に仕事を辞めるのかはこの言葉に尽きる。

結局人間関係で仕事を辞めるタイプの人は自分がいつ仕事を辞めるか分からない。
気が付いたらどこにボールを投げても弾まなくなってて半ばギブアップするように辞める。


本当に変な話だが電通事件の自死した東大卒と、過酷な条件でレプロを辞めた幸福の科学の信徒のタレントでは全くコメンテータの発言が真逆だった。
微妙に話が繋がらないのだが、仕事も仕事で実際に辞めないと本当に辛いのか分からない所がある。
色々な感情が交差しても実際辞めたら″ああ…″と思うこの感じは何だろう。

私がブログをやっていることはブログを読んでいる人は知っていると思うが、仮に何か思っていたならどう思われていたのだろうか。
今回の業務もどうせすぐに辞めると思ったか、案外続きそうだと思ったのか。
今の業務の方が愚痴は減った。
そしてたまに来るコメント欄の感じだと前の業務の方が励ますようなコメントが多く多分読者のうけは前の方が良かった。
と言う事は駄目人間を名乗りながらも業務が続いていると思われていた可能性が高いのか、仮に何かを思われていたとしたらだが。

派遣会社から対策がなされていなければ1年勤めたと思うが、その辺がネックになった。
しかし人間関係で仕事を辞める人間も、肉体的なきつさだけを理由に辞める人間も、雑多な人間なら努力不足で済ますだろう。
人間関係がネックな人間は体がきついだけなら辞めないと言うかも知れないし、肉体的なきつさが原因の人間は人間関係なんて楽だと言うかも知れない。
しかし上から見れば両方とも努力不足で済ませる案件だ。

葛藤を抱えたくないならより上に行き、努力不足のレッテルをはれるだけの地位に移るしかない。
大体の場合上の人間がストレス解消で都合の良い言葉を言っているだけなんだから。



もう辞めるから新しい業務を任されていないのか、そうではないのか都合の良い時だけクレーム対応のような業務をさせられ、都合がつかなければ社内ニートのような扱いを受けている。

これが私の業務だ。
ホワイトだったが上が癒着でとってきた仕事をノルマだけはやっておけば良いと言うような緩い業務で、しかし頻発に業務が変わり、新しい業務を教えられるまで従業員は自分の持ち場の仕事が減る中で居心地の悪い思いをしなくてはいけない。
恐らく出来ない従業員にプレッシャーをかけるためか、半公務員的な業務の妙さもあり定期的に新しい人が入り新しい人が入りながらも業務の数は増えてないと言う事が何度もあった。

だからホワイトでありながら、プレッシャーを感じて辞める人は割と多かったし、私が今業務がない日も何故かパソコンの前に座り、業務が減っているとは言っても元の業務に戻れないのは始めに書いた″緩いノルマ″を形だけでもやっている事を上に見せる名目がある。
最終的に辞める理由になったのは正社員脱落組に(遠回し的に言えばお前の事が嫌いだと言う理由で)怒鳴られたからだが、ネットで何故か叩く人がいない正社員脱落組、心の中は悔しさで一杯で何とかデスクワークだけは守り抜こうとするだろう。

本当はもう休みたいのだが、恐らく自分の心に嘘をついていない別の正社員脱落者組の人から休まないようにそれとなく言われていて、休む訳にもいかない。
だが亡霊のように体だけが業務に向かっているこの状況はぎこちなくて恐ろしい。
本当に悪いが、現在ツイッターで相互フォローになっているがフォローが返ってくるとは思ってなかった人で、微妙に体育会系っぽくて何となく恐くリプライもしたことがない人と、
私の中で嫌い好きではなく(今はどちらかと言うと好き)キャビンタイプのダメっぽさをただよわせながらも結局は辞めないだろうと思っていたフォローをしていないがよくおすすめにでる人、
貴方達の挫折を喜ぶ訳ではないが、正直かなり心が救われた。

貴方達とは能力や努力の度合いも違うがそれでも、私だけではないのだと心細さから解放された。
人から見た挫折を正直に言えるのは勇気がいる事だが、真実の言葉は時に人を勇気づける。
だから私はネットで嘘をつく事についてはそこまで馬鹿正直に話す必用はないが、人を傷つけるような嘘や人を堕落させるような嘘をつく人間は嫌いなんだ。

昔は芥川賞作家の田中慎弥みたいな本当に暗い人がネットには沢山いたけど、そういう人達はネットスラングを使うようになり、自分の根本にある暗さみたいなものから逃げるようになった
田中慎弥みたいに暗い人って今じゃ本当に珍しい


とにかく完全に失業したらビジネスホテルに行く。
私は大学から撤退する時にどうせ落ちぶれた人間のやる事だと思い、今までデリヘルを三回読んだ事が原因で、人生に失敗する度にデリヘルを呼ぼうと考えている節があるのだが、あまり時間を過ごしたい女の子が見つからないので今回はビジネスホテルに泊まるだけだろう。
私にとってデリヘルを呼ぶのは儀式みたいなものだ。
妥協して呼ぶことは絶対にしたくない。
c_ash_sandglass_stL450.jpg

行った所で都合がつけばクレーム対応か、あるいは社内ニートのような扱いを受けるだけだ。
私を怒鳴った正社員脱落組の翁は私を怒鳴った後に、私を多少意識したような態度に変わり、私の悪口を言っている所を見たが「もう辞める人ですから」と言われた後は口をモゴモゴさせていた。
私と言う人間はある日を境にちゃんとした悪役も出来なくなった。
向こうとしては対立して何らかの結果を得たような状況にしたかったんだろうが、怒鳴られたその日に辞める事を決めたんだから相手には逆にフラストレーションがたまっただろう。
私と言う人間は居座りそうな顔をしながら、ある日を境に簡単に消えてしまうようなそういう気味の悪さがある。
辞めさせるような態度を見せた人間も実際に辞めると言ったら口をモゴモゴさせる事が多いんだから社会人と言うのは、辞めてほしいと思いながらも辞める事が決まった相手に良かったと思える訳でもない(良かったと思われても嫌だが)変な人種だ。

とにかく関わらなければ良いのは知っているが全ては私が生きる為と言う我が儘の為だ。
しかしやはりもう辞めるとなると関係のない人達に思えて、全くやる気がでない。
この調子では翁から怒鳴られなくても結局は無理だったと思う。
とにかく私は実際には自閉的な人間で何とか「これからも人間関係が続く」と思うから、テンションを高め人と話が出来るようにしているだけだ。
もう続かないと思うと完全にメンタルが餓鬼に戻る。

残りの期日にどれだけ人間関係が悪化するか考えたくもない。
それでなくても皆本当は今の業務があまり好きではないのだ。
そういう空白が出来た時に人の心は悪化するし、業務の移り変わりのスパンが短くなり皆ストレスを抱えている。
翁が私に怒鳴ったのもそういう理由が重なっていていたからだ。

大人はすぐに体を悪くするし、ストレスが病気に繋がる。
こんな場所にいたら遠回しに人の病気の原因になり遠回しに人を死に追いやってしまう。
もう嫌だ職場なんて小規模な戦争かあるいは小規模なジャングルだ。
page3_33.jpg

昔の人は写真を撮られると魂を抜かれると思っていた。
自分の分身というのはブログであれSNSであれ写真であれ少しずつ自分からエネルギーを奪っていく。
だからSNSを辞めたらスッキリするし、ある意味自分の分身のような自分が働いている職場も辞めたらスッキリする。
何かを辞める時人は死の擬似体験をするとこじつけられなくもない。

私は毎日ブログを書きたい方ではなく寧ろ定期的に休みたい。
私がブログを更新しなくては相手にとって私が生きているか死んでいるかは分からない。
つまりは死の擬似体験が出来るからだ。
人は老いれば職場にしがみつくようになるように私はもう現実に戻っても見込みがないし、今度消したらもう一度作るだけの体力がない。
だから放置と言う擬似体験に留めている。

頻発にブログを書くときは寧ろイライラしているし、本当は擬似体験ではなく現実の私が死ねば解決するんだと思うがそれは出来ない。
とにかくこのブログの文章には気を使っている。
それは好ましい文章を書きたい訳ではなく、本当に考えている事を書きたいからだ。
こうすればアクセスが稼げるとか、自分の心のひどく浅い部分が書いた文章は後々消すから私には時間の無駄になる。
何より心の深い部分が書いた文章ならまだしも、何となく癖や小手先で書いた文章で叩かれるのは不本意だからだ。



人によっては毎日更新を義務付けている人もいるでしょう(KAZUYA CHANNELのKAZUYA風)。
しかしそれは私には出来ない。
まず求められていないし、(求められていなくても私は自死しない限り大なり小なり人に迷惑をかけることが確定されているので自分の我が儘で書くのだが)毎日書いていると段々と癖のような文章を書くようになり、ブログですら他人行儀な文章になる。

人様に発信するタイプのブログなら良いが私のように自分を見失わない為に書いているブログでは、何らかの義務感で、誰に向けてかは分からないが誰かに命じられて書いているような文章では後々自分を失い困る事になる。
結構そういう沼に陥る人は多い。
アフィリエイトの為に書いてるのか、自分と向き合う為に書いてるのか、この界隈は分からなくなりやすい。



余計なリンクをしたのは本当に悪かった。
しかしこの界隈のブログでああ言う感じの文章を書く人は辞める人が多い。
真面目だから界隈に馴染めないのかは分からないが、モヤモヤしているのは辞めるべきじゃなかったとは言えないからだ。
半分PVを意識したようなブログだったし、ああいうブログはキャビンさんのような割り切り方には出来ても、割り切れない人間には出来ない。
最終的には自分を失い何をやってるんだか分からなくなるからだ。

クレーバーな人だから少しでもアクセスが伸びればよいと思い似合わないリンクを申し込んだが、リンクもリンクでキャビンさんのような結局は割りきって大人をやっている人間にしか出来ない。
実際は最後の文章を見たが、ブログにアフィリエイトと自分語り以外も求めているような文章だった。
そういうブログは辞める人が多いが、結局オフ会だ何だと上手くやるブログはさらっと素知らぬ顔で始めて素知らぬ顔で成果を手にする。
あのブログは多分三度目だと思うのだが私の勘が正しいなら確か頻繁に辞めていて、私が絡まなくても責任添加すればいずれは辞めていたと思う。

別にブログ外で交流を持とうとした訳では断じてないし、リンクをして多少はアクセスが増えれば良いと思っただけで、それに以外には本人のブログにコメントもする気はなかった。
しかしこういうブログをやっていて最終的に財産になるのはアフィリエイトではなく人との交流だ。
いくら上部だけの人間が駄目人間を語り助け会う場所を用意してもその人に上部だけの部分を感じたら駄目人間は恐がる。
私は本当の駄目人間だから、いつか縁がなくて再起できない人の為にネットワークが作れないものかと思う。
無論口だけだが底辺が底辺に落ちてしまう理由の一つに人との縁の無さがある。
images2256.jpg

今日はブログを書くつもりはなかったが少し疑問に思った事があったので書く。
ふと思ったがニートスズキって私の事を認知しているんだろうか。
いや格下が頻繁に噛みついて挙げ句″あいつは俺を意識している″と言いたい訳ではないのだが、今日ツイッターでニートスズキ氏に

これでまだ多摩美・武蔵美出なら兄弟で異色の経歴みたいになるけど、そうじゃないしニートスズキの真似してコールセンターはじめてもストレスですぐ辞めた(契約期間を延長してない)し、本当にどうして。
高学歴の家庭でもないし学歴が身近にあった訳でもないんだよ。


というツイートをRTされていて、これに関しては別にニートスズキ氏は自分に関係したツイートをたまにリツイートする事が多いので珍しい事ではない。
しかしニートスズキ氏には非公式RTのイメージがあり、前回のニートスズキについて呟いた際は非公式RTでリツイートされており今回は無言だったのが気になった。



現在私はブログとツイッターの紐付けは切っており、あるいは2ちゃんねるのニートスズキスレに晒されていた私のブログをなんとなく読みぼんやりと私の事を知っていて、ツイッターの発言を私(のブログに関係するアカウント)と認知した上でRTしたのか。

あるいは全く関係なく自分の事を呟いたツイートとしてRTしたのかが少し気になった。
仮にブログの私まで知った上でRTしたなら″どうだいコールセンターもきついだろ″と言われた気にも″ザマー見ろ″と言われた気にも″お前の気持ちも分かる″と言われた気もする。



仮にそうだとしたら画面で見ていただけの存在に何らかの感情を持たれるのは、気味が悪く、あるいは嬉しく、または気持ちの悪い界隈に体が触れてしまったと絶望的でもある。
だが、ニートスズキとユウチュウバーのMさんと西村博之をわざわざ三者、ブログで比べて見せるような人間は恐らく私しかおらず、ニートスズキスレに私のブログを晒した人は私の事を″さいちゃんにも新しいファンが出てきているね。″ と言っていたし、私程度が新しいファンなら同じ学歴であるMさんがユウチュウブ上で登録者数を伸ばすまでニートスズキ界隈はほぼ無風だった可能性があり、ニートスズキが私を認知していてもおかしくはない(だが私の勘違いだろう)。

非正規が、付き合いもない非正規のオジサンについて帰り際に考える様は大変気持ちの悪い場面ではあるが、今日の帰り際にちょうど″ニートスズキはFXで借金さえしなければ、それこそ仕事なんてこんなもんだよと正社員に言えるニートがザマーするような人生になったんじゃないのか″と漠然と考えていたので、最近悩みが深い事もあり(ニートスズキというビッグネームに自分を関係者のように結びつけたいこともあり)ちょうど良い機会だと思いこうやって文章にした。

私のニートスズキに対するイメージは氏ムシメが自死した際に鼻歌混じりに嘲笑うような感情を見せた冷酷なイメージと、今の己を知り味がでたニートスズキのイメージしかない。
仮にニートスズキ氏に発言をRTされてザマーと言われたなら、途中で辞めることははじめから分かっていたし、ニートの代名詞のような男から″頭でっかちが社会にでて少しは世の中の厳しさが分かっただろう″と言われたなら、まさにニートスズキの超劣化コピーである私にふさわしい言葉だ。

何か嘘臭くなるので特に締める言葉がないのだが、くらげネコさんは過去に″無能なダメ人間でも生きていけるってことを証明するつもりだよ。能力ある人間じゃないといけないなんてあんまりだと思うからさ。″とツイッターに呟いた事があるようだが(2ちゃんねる情報)ニコ生主の横山緑やNERのような何となくの胡散臭さがあるくらげネコ氏より、本人が感情を表に出したがらないだけで本当は誰もが共感するようなテーマを内に秘めているニートスズキ氏が証明してこそ意味のあるくらげネコ氏のテーマなんじゃないかと私は思う。
5ka9mlogo.jpg

私がもときちゃんをできるだけMさんと書くようにしたのは、私が思うもときさんの適切な知名度を越えたからだ。
始めて、もときさんを見た時私には高卒後、必死に努力してきた肉体労働者にしか見えなかったし、始めは高卒で頑張っている肉体労働者として尊敬していた。
しかし徐々にもときさんは、中央大学出身だと分かり、すぐにニートスズキや元2ちゃんねる管理人の西村博之の出身大学は中央大学だったと思いだし、しかももときさんの卒業した大学は二人より偏差値が上だ。

ぶっきらぼうに見えるが人柄も良いこの人が当時ニートスズキの足元にさえ知名度がないのが、私には釈然とせず加えて本人もユウチュウブの登録者を伸ばしたがっていた。
私の活動で、どこまでもときさんのチャンネル登録者が増えたかは定かではないが、 当時もときさんが目標だと語っていた タクサン NEETの主張の登録者数はすでに抜いたし、今のもときさんはタクさんより慕われている。

既にもときさんは煙草を吸うような感じで動画を出してお金を貰うと言う目標は果たしており、これ以上私が名前を出すのは野暮だと感じており、でも結局私も出来た人間ではないし、もときさんの動画を知ってからしばらくして私の兄弟はマーチ・関関同立程度の学力だった事が明らかになり、今までボンヤリと見つめていた学歴社会が他人事ではなくなった。

もときさんは自分を偉大な人間だと言う。
私もかつては自分を偉大な人間だと思っていたが、底辺美大出の私には何もなく、苦労して学歴を手に入れたもときさんを見て私の思い上がりは完全に夢だと分かった。
もときさんは現状這い上がれてはいないが頭の良い人だからチャンスはまだある。
広いネットを見ていても自分の中にファンタジーを持ち、人間関係ができなかったり、学歴があっても不器用な人間が挫折している様は少なからず見る。
そしてほとんどの高学歴は挫折した生き方を隠したがるはずで、自分の姿を擬装せずありのままを映しているもときさんを見て何も知らない人達は馬鹿にするかもしれないが、多くの安パイな道から外れた高学歴が恐らく姿を擬装しているか、隠している中、もときさんの生き方はどれだけの人を勇気づけているか分からない。

もときさんを知らなかったら私は未だに高学歴だったら人生に勝っていたような夢幻を追い続けていただろう。
しかし、私が高学歴になった所で、私の心の弱さが、私の人間関係につまづく様が、私の不器用さが変わる訳ではない。
結局後で学歴を後付けしようと考える人間はその時点で失格者であり、高学歴は就職しても常に先の読みあい、先の読みあいの世界だ。
そんな人間が少なくとも、一度も挫折せずに職歴を定年まで終わらせれるはずかない。
NERは最後の最後に本音を言わないし、ニートスズキは辛さを適切に処理できない病気だ。
しかし、もときさんはありのままの自分の気持ちしか言わないし、だから今までの人生が辛かったんだろうが、私に学歴を追うという選択肢に導いてくれた。
ツイッターでアンケートをとると学歴は卒業しないと意味がないらしいし、意外と(仮に受かった際の現役の学生に配慮した結果かもしれないが)中退と言う選択肢が一番投票率が低かった。
今から浮浪所得ででも生活しない限り卒業に意味はないし、あるいは宝くじを当てるか。

ならばやはり中退に意味がないなら合格実績だけでも貰うしかないが、仮に奇跡的に試験にパスしても年齢で跳ねられるかも知れないし、芸人の坂本ちゃんがマーチ・関関同立の学歴にことごとく手が届かなかったのもそう言う暗黙の了解があったのかもしれない。

私が狙うのは英語をあわせた三教科で受験できる青山学院大学文学部と関西学園大学法学部。
しかし青山学院大学は女性が二倍に近く、男性より多い大学で諦めかけていると、今日何故か大阪から間違い電話があり、私は全くかけてはいない航空会社の電話番号だった。
どういう対応をしているのかは知らないが、少なくとも私が勤めている業務では間違えて電話をかけると言うのはありえないシステムになっており、後々青山学院大学の問題点に気付き他の大学を探した所、青山学院大学とそっくりな関西大学の入試項目を見つけて罠にかけようとしているのか、運命が誘っているのか疑心暗鬼になっている。
しかし私が結局絵を描いていたのは絵を描いたら人からチヤホヤされたから、親が褒めてくれから。
高学歴はチヤホヤされると分かった今手に入れたくてたまらないし、今更何だと呆れられるかもしれなが、母親に自分の子供は全員頭が良かったと思ってもらいたい。
photo (1)

人生オワタの生存戦略が面白い。
急に他人から自分のブログの名前を呼ばれるのはショッキングな事なので、この件が幸いして相手はブログを消してしまうかもしれないが、別に構わないと思い書いている。
だってこの界隈はブログを消す人は何度だって消すし、戻ってくる人は何度だって戻ってくる。
私なんかこれで三度目だ。

確かにブログに気持ちを取られ過ぎるのが嫌で消すこともあるだろうが、駄目人間カテゴリーいるくらいだからどうせ消しても時間がうまく使える訳ではないだろう。
この界隈でブログをやるならお金が貰える懺悔室ぐらいに思わないと長くは続かないし、そもそも駄目な様をさらして生活費にしているのなんかインテリジェンスの寝太郎と労働者代表のくらげネコしかいないんだから、割りきれないなら今すぐブログを辞めた方が良い。
そこは完全に現実に戻った自分と、ブログをやっている自分のメリットとデメリットを考えるしかない。

とにかくオワタ君は現在21歳若いじゃないか。
しかし若かろうが若くなかろうが駄目になる人間は結局駄目になるし実際は若さなんて何の意味はない。
この文章はオジサン寂しいので書いている所もあるが、自分の気持ちを整理する為にも書いている。
別に貴方のコメント欄に書いても良かったが、私はハチャメチャな長文を書くし、大体若い人に今の自分の価値観を教えるということは、数年先の未来の価値観を教えているわけで、受け入れがたいだろうし、そもそもキミにあった助言かも分からない。

だからここに書く。
実際オジサンは君が読んでくれても、読んでくれなくてもどちらでも良い。

結論から入るが結局人間には大きく分けてデスクワークと、肉体労働しかない。
だからオワタさんに進めるのは、期間工とコールセンターを三ヶ月ずつやる事。
今21歳らしいが、3年なんて焦っていてもあっと言う間に立ち、極端な話21歳も24歳も対して変わらない。
その間非正規でも働いていれば、面接官も深くは聞かないし、社会に出るための勉強ぐらいに言っていれば良い。
あとはエクセルと取れればフォークリフトの免許をとり、どちらの道に進むか考えて見たら良いと思う。
エクセル的な頭の使い方も、フォークリフト的な頭の使い方も、肉体労働かデスクワークにつけば必ず使う事になるし、後悔はしない。

多文オワタさんは急にSEやれとか、工場やれとか言っても恐いだろ。
私も恐い。
期間工もコールセンターも、仕事の基礎だから無駄にはならないし、小売りや飲食みたいに変に契約を長引かせられる事はない。
それに期間工とコールセンターぐらいしか非正規で時給の高い仕事はないんだから、結局正社員から転落したらこんな仕事しかないんだから今やっておいて損はない。
私は寂しいからオワタさんにアドバイスしているし、ネット民なんて大抵はそんな理由だ。
お前の為なんて言ったって大抵は自分の為だ。
ただ、私は正直に本音を喋る人には幸せになってほしい。
急に名前を出して悪かったが、私は何となく貴方は私に似ていると思った。
似ているが上位交換だ。
下位交換が未来で学んだことを元に貴方にアドバイスするので、出きれば参考にしてほしい。
ああ、そうだこれは最終的に皆後悔する事なので、公務員。
ほとんどの人が無理なのだが、公務員だって結局はデスクワークだ。
今は焦りがあり期間工3カ月、コールセンター3ヶ月は長く感じるかも知れないが6ヶ月なんてあっと言う間だ。
悩んでいても能力の低い人に美味しい仕事はない。
あと1ヶ月ニートのままならどちらか体験した方が良い。

働きはじめたら引きこもりカテゴリーにいられなくなると馬鹿な事を考えるかもしれないが、駄目人間カテゴリーともう1つカテゴリーを振り分ければ引きこもりカテゴリー1つ分にはなるし、そこには引きこもりでもないのに引きこもりを名乗っている人間が沢山いる。
特に気にするな。
mig11111111.jpg

これで母親の自分は頭の良い人間だという自負は果たされた格好になる。
仮に元々から私の家系がある程度の高学歴の家庭なら、私にも高学歴になるべきだと言う人生があっただろうが(恐らくは挫折していだだろうが)途中から様子が変わった。

ユウチュウバーのMさんは自分を偉大な人間だと思っていたのだと言う。
私も昔は自分を偉大な人間だと思っていたが、振り替えれば学歴もない人生。
そんな思い込みはすでにできない。
上部の性格と能力と学歴は似ていないが、私とMさんはよく似ていると勝手に感じている。

朧気にしか調べていないが青山学院大学には入りやすい学科があるのだ。
そこの合格実績ぐらい手にいれないともう人生を克服できないかもしれない。
ネットで沢山の高学歴を見てきたが学歴はあっても人間関係と仕事の覚えが悪く苦渋をなめるような人生を送ってきた人は沢山見てきた。
私が仮に学歴を手に入れても心の弱さと発達障害のような不器用さを克服できたとは思えない。

私の人生は変えれないが、仮に合格実積を手に入れたら‎くらげネコさんが実際は専門学校卒業なのに自分のキャラを際立たせる為に高卒と分かりやすい場所に書いているように、青山学院大学中退と書いてしまえばいいじゃないか。
久し振りに大学時代の知人にショートメールを送ろうとしたら、届かなかった。
私にはもう何もないんだ。
一人だけこんな人生になってしまって親に申し訳ない。
20120712nakata02 (1)

ユウチュウバーのMさんの周辺登場人物の一人にARAと言うユウチュウバーがいてMさんに親近感を覚えているのは別に良いのだが、″俺に比べたらMさんは恵まれている″と言う趣旨の動画を出して、事もあろうかMさん本人にもドヤ顔でコメント欄でコメントしていた。
言い方が悪いが、マーチ卒のMさんと、底辺高校で成績が良かっただけのARAでは本人の中では比べる対象になっても下の身分も良い所だ。
言い方が悪いが派遣社員がホームレスに「兄ちゃんは俺より恵まれてるよ」と言われた所で(どういうつもりでコメントしたのか知らないが)慰めになるのかとコメントしたかったが実際は少しトーンを落とした言い方をした。



この界隈はもう訳が分からなくなって自分こそが駄目人間だと言いたがる人がたまにいるが、そういう人に「いいえ私の方が駄目人間です」と言った所でそういう話をしている訳ではないのだ。

心情的にマイナスな事を自分こそは○○だと言いたがる人が、そういう発言をする時、自分より下な人は目に入ってはいない。
しかも下手すると自分より下の人は潜在的に自己責任だと思っているか、あるいは見下している。

ARAがMさんの発言を聞いて何を思ったのかは知らないが、Mさんの辛さは学歴を持ちながら現状が振るわない人間が持つ辛さであり、学歴もなければ大した仕事もしていない人間が「俺より恵まれている」と言った所で、どんな気分にしたかったの本当に謎である。

私も下手したら自分こそは駄目人間みたいに言っている界隈の人間に噛みつくかもしれないが、彼等が言っているのはそういう事ではないんだ。
それにMさんは別に世の中で一番不幸だと言っている訳ではなく、只ありのままを言っているだけなのに何であんなコメントをしようとしたのか本当に謎だ。
確かにあの人は私より年下で目くじら建てる事ではないかも知れないが、おまいうになり彼の方が高卒の分立派な事には変わりないがあの人は年齢が高くなってもずっとあのままだと思う。
mq1.jpg

結局インフレを起こしてないお金があれば幸せなんて約束される。
それでも何か欲しいなら後は雑多なものだ。
どうでも良いんだよ多人の事なんて、何を考えてくれていても良いし、感情なんて人から制御されるものでもない。
でも一度人に関われば何を考えてくれていても良いなんて事は言えず、自分を守る為(自分を見失わない為に)に耐えず相手の感情を許せないとか、正当だとか評価をしなくてはいけない。
究極的に言えばどうでも良い万事も自分の目の前に出てきたら評価をしなくてはいけなくなる。

労働なんて皆生きる為にやっている事で、″働いている人のお陰でお前の今の生活がある″なんて言った所で、AIがやってくれてそれでも差し支えがなく、それで国民全体に金銭的な影響がないならそれでも皆はやるのか。
労働は人の為にするものではなく皆金の為にやっている。
それは一時期は人の為だと思う人もいるだろうが、人間の品性を見たらそんな気持ちも失せてくる。
結局人に関わらずに生きていけるならその方が良いに決まっている。
いくらでもツッコミ所のある文章だろうが老後まで安泰なら私はブログを辞めるし、今までの人生を見た上での判断だ。
金が有り余るなら私は人間に関わらない方が良い。
Template by :FRAZ