back to TOP

admin |  RSS
7TAapM5mqVuo2zC1478093597_1478093645.png

黒澤全のブログがダメ人間カテゴリーから消えていた。
これは毎回毎回謎の意識の高いワードを出所が不明な人間から、(文章の触りだけとは言え)聞かされるのは本当に苦痛でしかなく、依然キャビンさんを少し文章で触れた際とは話が違う。
キャビンさんに至っては、私の我儘の為にあんな文章を書いてしまい、罪悪感があり、(自分で書いておきながら)大事には絶対になって欲しくなかったのだが、黒澤全のブログに関しては実際私が書いた文章によって相手がどうなろうと構わないと考えて文章を書いたので、別に消えたのは良かった。

結局世の中というのは声の大きい人間の自己主張が勝つ。
最近は消極的な嫌われ者ではなく、どうせこのような生き方しかできないのなら、むしろ積極的な嫌われ者になってやろうという思いもある為、あんな文章を書いたという事もあるのだが、実際消えても構わないと思う程に文章が五月蝿かったのは本当だ。
しかし今回は黒澤全のブログだから良かったが、これが他のブログだったらネットでも私は胃の痛い思いをしなくてはいけなかった。

何よりお前がそういう姿勢なら、積極的にお前の意識にダメージを与えるぞという考え方をされてもしょうがのないような姿勢は、するべきではない。
やはりあまりハンドルネームとは言え、人の名前を出す時は慎重にしなくてはいけない。



追記すると黒澤全のブログは(今は黒澤全の日記と題名が変わっているが)胡散臭いセミナーやブロマガも兼ねたブログだったようで、私に名前を出されて消えてから、ブログの題名も変えたのは″そういう仕事″に差し支えると踏んだからかもしれない。

どちらにしろ″大学中退″の文言が消えて、永久に意識の高い言葉をはくブログになった時点で、私は場違いだと思うし、″ああいうブログ″は成功していると語る事が一つの仕事みたいになっているので、どちらにしろ読んでいても実りがない。
しかし、いかにもな″ブロマガ系″のブログをどうしてダメ人間カテゴリーに移そうと考えたのかは謎である。

仮にダメ人間だったら熱心な囲いになってくれると考えたのなら、名前を出された位でカテゴリーを変えるのはおかしいだろう。
結局あのブログが何だったのかは恐らく本人にしか分からないし、本人の本当の生活も本人しか知り得ない。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ