back to TOP

admin |  RSS
C5rIanN1_400x400.jpeg

他人を使って自分語りをしたい意外に目的がないのなら、わざわざこっちのブログに文章は書かない。

最近ずっと、悩んでいたのはアクセスの良いはてなブログの方にブログを移すかということだが、FC2にはFC2の魅力が、はてなブログにははてなブログの魅力がある為、結局ははてなブログにも同じ内容で文章を書くという事で落ち着いたのだが、なんでそんな事をしたかと言うと結局は銭がほしいからだ。



この間私はカツドンちゃんねるのカツドンさんについて、書いた。
最近カツドンさんはユウチュウブ上で化けつつあって興味を持つ人が増えたので、その記事がアクセスを集めるのは分かるのだが、アクセス先の1位がツイッターとなっている為、調べてみた。
するとアクセス先では「誰だかのブログに取り上げられてるぞ」「カツドンを取り上げてるというよりカツドンをダシにして自分語りしてるだけじゃろコレ」と言うやり取りがしてあった。

落ち込んだ。

何故落ち込んだかと言うと、私は「メディアの隙間Z」という口にするのもはばかられる激寒なブログもやっており、そこにはカツドンさんについて自分語り抜きで書いており、アクセスだってそちらの方が良かった。
なのに何故、自分語りをしている方の文章をわざわざツイッターでさらされ、再三分かっている″自分語り乙″みたいな事を言われなくてはいけないのか。
なんで空気読まない馬鹿のせいで、私が二重に滑らなくてはいけないのかと言う思いでいっぱいである。

しかし、気持ちは分かる。
例えばこの前、らんはげというツイキャス主について調べたら、らんはげについての専門の記事として語っているサイトはなく、結局自分語りを含めた文章でしからんはげについては今一よく分からなかった。
もしくは昔 氏ムシメというニートスズキと関係の深い漫画家志望のワーキングプアが自死した一波乱。
これについても詳しい記事はあまりなく、一番詳しかったのはやはり自分語りの、ニートスズキに私怨を持った生主のなりそこないみたいな人の記事しかなかった。

くらげネコとか、毎年寝太郎とかあの変の人達の名前で掘っていっててもそういうブロガーは沢山出てくる。
まあ大体下手したらニコ生をやっていてフリーターみたいな見ることのない職業をしていて、他人の名前を出した時にしか注目されないネットイナゴ達。



またもとき王子様の話だが、私はジョン・レノンにとっての マーク・チャップマンくらいの熱烈なファンなもので、もとき王子様についてネットで調べていたら、もとき王子様で売名したいユウチュウバーみたいな人が検索に引っ掛かった。

私は マーク・チャップマンなもので、もとき王子様のコメント欄にコメントしている人間は大体分かるのだが、こんな人は見た事がない。
変に意識高い感じだったが、分かってはいない。

もとき王子様は、期間工の仕事が辛すぎて、どうすれば良いか分からない最中、ユウチュウブに心労を吐露した事が現在に繋がった人で、第一に銭や人気があった訳ではないんだ。
加えて根っからの肉体労働者という風貌ながら、中央大学理工学部卒業という面白さに深い教養、エキセントリックさ。

それぐらいないと、もとき王子様みたいに言ってみれば画面の前で自分語りをしているだけで、あれだけのファンはついてこない。
カツドンさんだって8年引きこもったニートが、テレビを破壊したり「尊厳を傷つけられた」とか言って湯飲みを割ったりするから面白いのであってあれを狙ってやっても大して面白くはないし、尚且つ今の再生回数を考えると、住所を割られたりしているのに、まだまだわりには合わない。



ブログ村のダメ人間カテゴリーに逆ビルさんっているだろう?
あの人はどうも2ちゃんねるのなんJ民らしく、私は心情的にはビッパーなので、いつか自分語りのダシにして、「なぜVIPはなんJ民に負けたのか」を書いて気が向いたら自分語りの文章をのぞいて「メディアの隙間Z」に転載しようと考えていたのだが、その人が小説家志望の生活保護受給者になった親交のあるブロガーについて、語っていて身につまされた。

最近季節のせいか、報道のせいか、気持ちがどんよりする事の方が多くてあまり良くはない。
それとあまり関係ないが、ドナルド・トランプについてずっとツイッターで呟いていたら、1年間ぐらいずっとフォローしてくれていたフォロワーの方が二人くらい減った。
大分前から愛想をつかされていて、今回の事が最後のきっかけになったんだろう。
まあこのままだといい加減パソコンが壊れそうなので新しいパソコンを買ったらMMDの制作に乗り出そうかと思うがそれもどうなるのかは分からない。

大体私は現実に生きているんだから、カツドンさんとかもとき王子様とかああいうネットで存在を認知されている人に謎のコンプレックスを覚えて対抗してもしょうがのない。
これから先私も含めて何らかの形でカツドンさんや、もとき王子様みたいな形で承認を得ようとする人は増えてくるだろうが、例えば氏ムシメが自死した時にニートスズキについて語ったあのブロガー、あのブロガー程度の周辺人物になれる人間にすら、中々なれはしない。

まあ、別になれなくても良いのだが、私はキツイ。
結局はキツイ、本当に何で生きているのかと思うくらいにはキツイ。
本当はそろそろ放置したいのだが、よっぽど現実の心が空っぽで、虚構に向かわないと限界なんだと思う。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ