back to TOP

admin |  RSS
25D07-2-300x200.jpg

保守を続けるのであれば、製品知識が豊富という今のアドバンテージを生かして、年に4回の10連休と450万円という大したことのない年収を稼ぐことができる。
しかし、もしも辞めるとすれば、そのメリットは何だろう、と考えてしまう。
2016-11-12 ″取り残される″より


この界隈と引きこもりカテゴリーは似ている。
どこも同じだが、長く続ける人と、いつの間にかいなくなる人がいる。
恐らくはすでにブログを閉じたブログ主が進撃の無職のくらげネコさんと青猫さんを並べて名前を出している事があって、その時に初めて″もう一生孤独でいいよ″の青猫さんの存在を知った。

″事実を元にしたフィクションなんだから
細かい設定の違いは気にしないほうがいいですよ

Rさん情報では、リアルなブログ主は、○○で○○しているし
無料のブログに整合性を求めてはいかんよ″

″青猫氏のブログは、どこまでが本当なのか。
どこからどこまで本当なのか分からない。
ただ頭がかなり良いのは分かる。
45歳おじさんシリーズのおじさん達のようにはならないのは、
本人が一番よく分かってるんだろうし。″


ある程度人気がでてくるとフェイクの部分を疑い始める読者が現れるブロガーというのは恐らく多くいて、この界隈は事実の発覚を防止するために敢えて嘘を忍ばせることもたまにある為に、それが益々疑惑を加速させる。
しかし進撃の無職のくらげネコさんとリンクを結んでいる青猫氏だけあって、くらげネコさんのブログのフェイクの部分を指摘する人もいるもので、そういう意味では両者はやはり 似ている。
実際にリアルでの面識があるのかは知らないが、ブログの相互リンクともなるとデジタル上の友達のような感覚も若干は出てきてしまう事もあり、そして友達というのは多少自分に似ている。



これは余談だが(そしてまたもとき王子様の話だが)、もとき王子様のユウチュウブのコメント欄にも

″もときさん、ほんとは何の仕事してるんですか?言うわけないだろうけど(笑)
タクシーもトラックも動画のネタだとずっと思ってました。タクシーはトラックほど再生数伸びませんでしたね( TДT)
次はもっと面白いシリーズを期待してます!″


というコメントがあって私はこのコメントをした人は、もとき王子様にある程度好意的なリスナーだと思っていたので少し驚いた。
これは大槻ケンヂとか福満しげゆきとかみんな見ていて思うのだが、そういう人達をファンに持ってしまうのはどちらかというと不幸だ。
彼等(私達)は暗く陰湿で疑い深く、成功を願ってるんだか、転落を願っているんだが今一分かりはしない。

続けて余談を話すとくらげネコ・青猫さんの他にはこのカテゴリーには(厳密にはくらげネコさんはダメ人間カテゴリーではないが)糞猫さんという人もおり、私はムーミン谷の登場人物であるスキンティーを名乗っているが、この界隈にはそういう人は多い。

もともとからボーナスをもらっているという発言があった為、ある程度の給料を貰っている事は知ってはいたが、青猫さんがブログで自ら弟子筋にあたると語ったブロガーが、 「かつての師匠のように苦手分野を避け高収入を自慢し底辺を見下すそんな人間にはなりたくない」と裏で語っていたという記事で私の疑問は確信に変わり、

″今の製品の面倒を見続けて、36歳、37歳、そして38歳になる。
そのとき、貯金は1000万円を超えるだろう。″


という今回の発言で貰っている給料を確信した。

今回余談が多いが1000万円の貯金と言えば、昔多分こっちの界隈らしき人からTwitterをフォローされた事があって、はじめはポツポツとしか呟かない人だったが、次第にブログをリンクしたりよく呟くようになったりして、ブログを見る限り正社員脱落組のようだったが、その年齢も30には非正規雇用になっていたはずだ。
給料も非正規雇用お決まりのような給料しか貰ってはおらず、それでも40歳で1000万円の貯金があると知って驚いた事がある。
結局その人はヘラったTwitterが多くなり少なくとも私の前からは姿を消した。



余談だらけの上に文章をしめるのだがなんでこんな文章を書いたか?
単純にワーキングプアが嫉妬しただけだ。
後はTwitterにはキュア自害さんという医学部の人間がいてこの人の不幸風自慢は実によく出来ている。
例えば堀江貴文が言うなら大してダメージはない。
しかし″こいつ金を持っているとは言ってるが嘘なんじゃないか?″とか、不幸な背景を持つ人だと思って見ていたが実は不幸風自慢なのではないかと言う疑惑のある人物の発言は″竹中平蔵みたいな事は言うが結局は政治に関係してはいないのでなあなあにして聞いておけばよい″堀江貴文とは違い、注意深く発言を聞いてしまい、だからこそ、その言葉には凹まされる事が多い。

青猫さんの場合本人はどう思っているかは知らないが、大分前からそれでも私からみたら高級取りなのは知っていたので、ダメージはなかったがそれでも文章にするぐらいには多少モヤモヤしていた。
青猫さんが本当に辛いのか不幸風自慢なのかは私には分からないが、そのスレスレが一番ダメージがあるんだ。
本当の金持ちなら金持ちの言葉として聞けるし、本当に不幸な人の発言なら不幸な人間の発言として聞くが、その中に「?」の部分があると完全には割りきれない。
だから心のガードに隙間があいてしまい結果的には精神的に凹む場合が多い。

人は自分と少しでも同じ境遇を見せられてしまうと、比べる境遇にしてしまう。
結局いつもの自分語りだが青猫さんが恐らくダメ人間カテゴリーに色濃くいる人間の中では一番給料が高いのではないか。
私はすぐこういう事を言いたがるので、結局はこれが言いたかっただけなのかもしれないが、私はよくSEからTwitterでリムられるので潜在的に恐い。
勝手に名前を出して勝手に怯えている。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ