back to TOP

admin |  RSS
innkan.jpg

会社の保証人について何故かネットでもあまり困っている人を見かけないが、適切な縁がなくなれば当然困る事になる。
一つの会社で定年まで続けるなら良いが親は先に死ぬし、会社によっては定めている収入も、いつまでもある訳ではない。
この事については普段は忘れているのだが、もとき王子様について語っている人がユウチュウブの関連動画に上がっていてその人は保証会社に7万円払って書いて貰ったと言っていた。
その人はもとき王子様の学歴と自分を比べて普通の大学( 日東駒専レベルの事だろうか )なら行けたと言っていたが奨学金の保証人の欄がそろわなくて大学には行けてはいない。

この人の発言は本人の挙動から全て信じている訳ではないのだが、正社員だが手取り10万円で、家賃を払っているとは語ってたが実家に住んでいて、その家賃が過去に払っていた賃貸の話なのか、実家に入れているお金の話なのか、そもそも家賃を払っていると言う発言は虚言なのかは今一不明。
そもそも保証会社に7万はざっと調べた時にはそこまでは高くなかった気がしたが、この人の動画を見ていて心がざわついた。

会社の保証人の欄で困っている人なんてダメ系ブログでも聞いたことがないし、皆どうしているのか。
進撃の無職のクラゲねこさんなんかはいかにもリスナーと仲良くなり書いてもらいそうだが、もとき王子様なんかは一体どうしているんだ。
動画を見る限り親とは絶縁状態で、孤高であり頻繁に職を変えているのに、会社の保証人の欄で困っていると語っている所を見た事がない。



話が変わるが昔ツイッターでフォローしていた人は純粋に寂しいからネットをしていると語っていて、良い動機だと思った。
私だって本当は寂しいからネットにいるのに、必ず下心がなくては物事をやらない。
アフィリエイトが理由だとか言い訳をする。
だから他のツイッターユーザーはオフ会だツイキャスだと言っている中で私は一人のままだ。
大体こんな人間に今更、文章を越えてお近づきになられたらどん引く。

話は戻るが仮にもとき王子様が、会社の保証人の欄で困ってリスナーに相談したなら必ず書きましょうと言う人は現れるだろう。
現れなかったら少し迷った後に恐らく私が書く。
しかし私にはそんな人はいない、だからもう捌かれるのは薄々分かっていてもネットでも現実でもバタバタしなくてはいけない。
私はそういう邪な言い方しか先に出さないが保証人に困るとか、そういう事ではなく、人間と人間が関係を作るという行為は眩しい。
誰とも関係せずに生きられるなら、もうそんなものは私には手に入らないものと諦めて俗世から引退するのに。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/589-3c96632a
Template by :FRAZ