back to TOP

admin |  RSS
1265mig

咄嗟に暴言を街中ではかれた時に度胸のある人間なら言い返すか、もしくは出来た社会人ならスマートにやり過ごすだろう。
咄嗟の反応にはその人の普段の装いがでる。
私ならどうするか?はじめはビックリして謝るが、その後すぐに許せないと言う気持ちになる。
私の母親はやられたら、やり返さないと気がすまない性格だが私もそうだ。

私は相手に対して起きた事態を判断したあと「すいませーん、申し訳ありませーん、バーカ」と叫んだ。
私は機転がきかないので、咄嗟の反応でキレたとなると、その時に思った言葉を大声で叫ぶしかない。

相手は私の発言に気付いていたし、相手がやり返してこなかったのは、いつも咄嗟に暴言を吐くが、それ以上の事は考えてはいない人間だったからだろう。
相手の表情に呆れの表情はなかった。
私の学生時代の教師はいつか私は路上で刺されて死ぬと言った。



咄嗟の判断にはその人の全てがでる。
私は普段から自分も含めた人間の命をないがしろにするようなポーズをしているのに、いざと言う時はそうできないならそれは嘘だと思う。
しかし私は自分の安い思いなんていざとなれば剥がれるフェイク野郎だと言う事も知っている。
嘘でありながらこういう態度にでるのは、私は弱いから自分に一本筋はつけられなかったが本当はつけたいと思っているからだ。

それに私は基本的に人に暴言を吐く人間は嫌いだ。
嫌な思いを計ってされたなら未だにやり返したい。
恐らくあの人は私生活でもやたらめったらキレているうちに体のどこかの器官に影響がでてきているだろう。
私は自分の性格もあり、酒も飲まないのに肝臓が悪くなった。
肝臓は普段から怒りやすい人が悪くするらしい。
私は普段心情穏やかではないのだろう。



引きこもりおじさんのブログというのはこの界隈のブログだろう。
私のつたない記憶だが、その記事を見つけるまで引きこもりおじさんのブログを読みたくないので、朧気な人間の記憶として書くが、あの人のブログを読んだ時派遣会社の同僚か何かに仕事の面でキレており″この人は自分も社会不適合者なのに他人の不適合は許せないんだ″と嫌になり、その記事を一記事読んで以来読んでいないのだが、結局その感情は私の同族嫌悪だった。

関連記事: アメリカ系アメリカ人のナードは今日も黒人やチャイニーズに怯えながらハンバーガーショップで働く。


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/637-5b3e08a3
Template by :FRAZ