back to TOP

admin |  RSS
page3_33.jpg

昔の人は写真を撮られると魂を抜かれると思っていた。
自分の分身というのはブログであれSNSであれ写真であれ少しずつ自分からエネルギーを奪っていく。
だからSNSを辞めたらスッキリするし、ある意味自分の分身のような自分が働いている職場も辞めたらスッキリする。
何かを辞める時人は死の擬似体験をするとこじつけられなくもない。

私は毎日ブログを書きたい方ではなく寧ろ定期的に休みたい。
私がブログを更新しなくては相手にとって私が生きているか死んでいるかは分からない。
つまりは死の擬似体験が出来るからだ。
人は老いれば職場にしがみつくようになるように私はもう現実に戻っても見込みがないし、今度消したらもう一度作るだけの体力がない。
だから放置と言う擬似体験に留めている。

頻発にブログを書くときは寧ろイライラしているし、本当は擬似体験ではなく現実の私が死ねば解決するんだと思うがそれは出来ない。
とにかくこのブログの文章には気を使っている。
それは好ましい文章を書きたい訳ではなく、本当に考えている事を書きたいからだ。
こうすればアクセスが稼げるとか、自分の心のひどく浅い部分が書いた文章は後々消すから私には時間の無駄になる。
何より心の深い部分が書いた文章ならまだしも、何となく癖や小手先で書いた文章で叩かれるのは不本意だからだ。



人によっては毎日更新を義務付けている人もいるでしょう(KAZUYA CHANNELのKAZUYA風)。
しかしそれは私には出来ない。
まず求められていないし、(求められていなくても私は自死しない限り大なり小なり人に迷惑をかけることが確定されているので自分の我が儘で書くのだが)毎日書いていると段々と癖のような文章を書くようになり、ブログですら他人行儀な文章になる。

人様に発信するタイプのブログなら良いが私のように自分を見失わない為に書いているブログでは、何らかの義務感で、誰に向けてかは分からないが誰かに命じられて書いているような文章では後々自分を失い困る事になる。
結構そういう沼に陥る人は多い。
アフィリエイトの為に書いてるのか、自分と向き合う為に書いてるのか、この界隈は分からなくなりやすい。



余計なリンクをしたのは本当に悪かった。
しかしこの界隈のブログでああ言う感じの文章を書く人は辞める人が多い。
真面目だから界隈に馴染めないのかは分からないが、モヤモヤしているのは辞めるべきじゃなかったとは言えないからだ。
半分PVを意識したようなブログだったし、ああいうブログはキャビンさんのような割り切り方には出来ても、割り切れない人間には出来ない。
最終的には自分を失い何をやってるんだか分からなくなるからだ。

クレーバーな人だから少しでもアクセスが伸びればよいと思い似合わないリンクを申し込んだが、リンクもリンクでキャビンさんのような結局は割りきって大人をやっている人間にしか出来ない。
実際は最後の文章を見たが、ブログにアフィリエイトと自分語り以外も求めているような文章だった。
そういうブログは辞める人が多いが、結局オフ会だ何だと上手くやるブログはさらっと素知らぬ顔で始めて素知らぬ顔で成果を手にする。
あのブログは多分三度目だと思うのだが私の勘が正しいなら確か頻繁に辞めていて、私が絡まなくても責任添加すればいずれは辞めていたと思う。

別にブログ外で交流を持とうとした訳では断じてないし、リンクをして多少はアクセスが増えれば良いと思っただけで、それに以外には本人のブログにコメントもする気はなかった。
しかしこういうブログをやっていて最終的に財産になるのはアフィリエイトではなく人との交流だ。
いくら上部だけの人間が駄目人間を語り助け会う場所を用意してもその人に上部だけの部分を感じたら駄目人間は恐がる。
私は本当の駄目人間だから、いつか縁がなくて再起できない人の為にネットワークが作れないものかと思う。
無論口だけだが底辺が底辺に落ちてしまう理由の一つに人との縁の無さがある。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/663-f695cf06
Template by :FRAZ