back to TOP

admin |  RSS
ダウンロードwww

堀江貴文は有能だが必要な常識と、不必要な常識の区別がついてはいない。
大体親に反抗して家庭内暴力に向かい、E判定に反抗して東京大学に受かり、東京大学の敷かれたレールに反抗して中退して社長になった男だ。
成功したからと言ってそんな突発的な人間の言うことに一々うなずく必要はない。
堀江貴文は常識に古い権力のあり方をみているが、常識がなければ人は従うものを無くして自分勝手になり最終的には国が荒れる原因になる。

堀江貴文ならこの事実に何と言うのか?
テンプレート通りの西村博之のなら「なんかそんなデーターあるんですか」と言うだろう。
とにかく堀江貴文はまだ有能だがら良い。
問題なのは堀江貴文よりよっぽど馬鹿なのに″常識を疑え″と言う言葉に感銘を受けるような、クリエイティブな馬鹿だ。
厚切りジェイソンは寿司の師弟制度を否定し、堀江貴文は「寿司職人が何年も修行するのはバカ」だと発言した。
それ以来一部のクリエイティブな馬鹿の間で寿司に味の違いはないと言う極論が登場した(私が2ちゃんねるで見かけただけだが)。

寿司は体温が残ればとても食べられたものではない。
不味い寿司を食った事がないのか、或いはクリエイティブな馬鹿だから自分の思い込みを信じる為なら世の中なんてどうでも良いのだろうと思う。
厚切りジェイソンも堀江貴文も金持ちだが、大した金持ちでもない人間が自分の(誰かからパクったような)クリエイティビティにしがみつき、日本の長期的なブランドである寿司を陥れて日本で廻る金を将来的に減らしているとしたら枯れた笑いが溢れてくる。
嫉妬に狂った底辺と、クリエイティブぶった馬鹿はネットでも質が悪くしかし発言権を持ち始めている。

貧乏人やクリエイティブぶった馬鹿が良くする世の中もあるが、最近は悪い面の方が見えやすくなっている。
つまりは彼等はやりすぎている。
すでにある程度の市民権を持ちながらいつまでもマイノリティを気取るのは辞めたらどうだ。
これだからマイノリティが力を持つと達が悪い。

とにかく思い上がりを見つけようとして、何でもかんでも事実を指摘して正義の味方を気取るのが彼等のスタイルだ。
事実を指摘して、思い上がりを指摘してその後をどうするのかを全く彼等は考えてはいない。
週刊紙じゃないんだから、金も貰わずに同じような事をするなと思う。

大体ネット民が嫌悪しているマスコミだって、良い大学を出た人間の集まりと言うだけでやる事は同じだ。
権力への嫉妬と、思い付きのような事実確認。
ネット民とマスコミは似ている。
しかし私が普段ネット民を叩くのはマスコミを叩く人はいるが、ネット民を叩く人間は少ないからだ。

とにかく思い上がりを指摘したって、いくら事実を指摘したってより悪くなることもある。
特に事実については政治家だって操作しようと四苦八苦しているのにマスコミやネット民が正しく扱える訳がない。
しかしそれを伝えるのはマスコミの大事な仕事だ。
しかしネット民は何だ、遊び半分だろう。
だからネット民の言葉は軽いんだ。
思い上がりを指摘した所で自信を失った人間を、謙虚になってしまった人間を世間はどうすると思う?
必要悪にしては目に余るんだ今のネット民は。



大浴場付きのビジネスホテルに行ったのだが、休みの関係と宿の関係で行けるのが今日くらいだった。
元々失業したら行こうと思っていたが、体の疲れをとらないともう参っていた。
一度行ったことがある焼き鳥屋に行ったのだが、ここの店主は勘定を誤魔化す人だった(アルバイトの交代制)。
昔なら許せなかったがどうせよっぽど来ない店だし、私はああいう老人がやっている焼き鳥屋が好きなのだ。
ニコニコしているが海千山千の人間でだからこそ勘定を誤魔化すのだが、このおじさんだって恐らくは何だかんだで心が弱いから適切な組織に残れず、今は真面目に焼き鳥を焼いている。
まあ本当は勘定を誤魔化さないで欲しいのだが接客態度は本当に良かった。

中々ああいう態度を取れる若者も中年もいない。
半常連みたいな老年の肉体労働者風の男が勘定が可笑しいと言いながらもすぐに引き下がったのを見ておかしいとは思ったが、あの客もあの客で粗暴な口下手で一緒に仕事はしたくはない人間だったが悪い人ではなさそうだった。
多分毎回最後には許しているんだろう。



ユウチュウバーのMさんが乗せた自動車工場の客が″上の人は図太さが本当にすごいですよね、あれが俺にはないですわ″と言っていたと言っていたが、あのおじさんはそんな風に周りを追い詰めてなにがあっても知らんふりをしている巨悪ではない。
あの人にも色々あったんだ。

しかし超偏見を言えば工場労働者なんてDQNだろう。
そのDQNの口から″死にたい″と言う言葉が出たのは衝撃的だった。
突き詰めれば世の中はナードとDQNしかいない。
そして甘やかされて育った先進国の人間は自然にナードになり、ナードと言う連中はDQNに比べて圧倒的に子孫を残さない可能性が高い。
何故なら彼等は軟弱で文科系の仕事は這い上がれないと、肉体労働者より給料が安く、尚且つウジウジと考え込みやすい性格だからだ。
反面DQNは後先考えずに子供を作る傾向にある。
今先進国の人間は数が減り、移民としてでも良い暮らしをしたい後先考えずに子供を作ったDQN染みた国のDQN染みた人間に多く入り込まれていて、ナードはそれを鬱陶しく思っている。

ナードと言うのは大抵の場合精神が細く数が減る運命にあるが、後先考えずに子供を作るDQNが勝者かと言うとそうではない。
DQNだって実は辛い。
まるで世の中はどうにでもなるように考えているように思われても、実際はナードが考えすぎる病気であるようにDQNは考えれない病気だ。
それは最終的に減少するナードより増えるDQNの方が疎ましく繁栄してるように見えるが、DQNもDQNでストレスを正しく認識できてはいないだけだ。
だからパチンコに行きタバコを吸い酒を飲む。
正しく認識できていないだけで実際はネガティブな要素を多く抱え込んでいる。

この世からいなくなるナードと、何も考えずに子供を作ってしまうDQNは一体どちらがズルいのか。
ズルいの恐らくはナードの方だ。
自分の子供を作らなければ不幸の連鎖は止まるのか?
いや仮に幸せになるかもしれないが、ナードはまず幸せにしようとする発想から捨てている。
どうせ不幸になると決めつけている。
反面DQNは後先考えずに子供を産むので貧困を連鎖させやすい。
しかし産まれて来た以上もしかしたら子供は幸せになれる可能性がある。
ナードがしたり顔で子供を作らない分、国民は減り将来的には必ずDQN染みた移民は入ってくる。

そして現在の日本人の特権は崩れ大和民族は恐らく不幸になる。
この事実に心を痛めず、DQNを潜在的に馬鹿にするなら、どれだけ呆れ果てても、どれだけ罵倒してもまだ足りはしない。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/680-051d90e3
Template by :FRAZ