back to TOP

admin |  RSS
YOSX9840_TP_V.jpg

私は自営業はどうかしている人がする仕事だと思っている。
無能なら尚更自営業なんて儲ける為にしてはならない。
無能が自営業をやる際はどこからも雇い手が現れずに或いは酷い給料で雇われ、ついに自営業に手を出すしかなくなった時である。
私にとっては取りあえずは今ではない。
私の業務は非正規だが半公務員的だと以前書いたたが、公務員的なカラクリがある業務ではあっても亡くならない仕事でも退職金がある仕事でもない。
だから迷っている。

私の影響を差し引いても非正規雇用は腹の探りあいだ。
言うなればいつ辞めるかの探りあいであり、退職したら退職金が貰える訳でもなければ元から堪え症のない人間の集まりである非正規雇用にとって現在の業務は定年まで勤めるようなものではない。
いつかは辞めなくてはいけないというような強迫観念に縛られた後ろ暗い業務だ。

人間はルールだと言われたら納得して、常識を疑えと言われたらすぐに疑い出す。
結局は右に習っているだけだ。
確かに正社員は非正規雇用よりも立派だ。
だかしかし正社員と言うのは私の中で(ボーナスを含めたとしても)手取りは20万円以上(独り暮らしで暮らしても非正規雇用よりも貯金が貯まる)で、本来なら退職金があるのが普通の業務で尚且つ自分か辞めない前提の仕事の事を言う。
これに該当しないのに正社員をやっている人がいたとしたら一体何を持って正社員だと言えるのだろうか。

全ては刷り込みだ。
正社員と言う人達は本来は退職金の為にも辞めなかったはずだが現在、退職金のない正社員も多い。
ニートスズキが″自分がしている業務は中年非正規の吹きだまりに為っている″という趣旨の話を昔していたと思うが、別にコンビニの深夜のバイトでも恐らくは貰える額は余り変わりはしない(誇張した表現であることは認める)。
どうしてそう言う業務を正社員脱落組はあまり選ばないかと言うと格好がつかないからだろう。

人間と言うのは結局歳をとると何とか格好のつくような道にしか進まなくなる。
外見が無様なのに今更必要以上に無様に見える道になんてとても進めなくなる。
何とか格好のつく方向、何とか格好のつく方向で、あろう事か自分と大して変わらない生活をしている人達に対しても″○○なんて○○だ″とか言う風に馬鹿にし始める。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/692-f5e8ae74
Template by :FRAZ