back to TOP

admin |  RSS
97af7a1d-2cbe-4567-9dc1-b6c352cd9300.jpg

結局私が今の事業所で多少仲良くしているのは殆どがおじさんで、定年になり雇用が成立しなくなればますます居場所がなくなる。
それはもっとも本当にそんなに長く居着く気持ちがあるのならだが。
自営業は本当によく考えるようになった。
或いは確認した限りでは父親は年金が貰えそうなので、妹が国立大学に受かりお金が余り必要ではなくなったのと合わせて父親の家業が安定するのではないかと言う目論見がある。

或いは祖父は不動産を持っていてそれがいつか自分に廻ってくるのではないかという雑多で浅はかな皮算用ならあるが間違いなく心配事の方が多い。
仮に飲食をしたいなら世の中には必ず一代で終わる美味しい飯屋があってそこに取り入りそこを継ぐ事だ。
飲食に必要なのは歯の浮いたような理想ではない。
旨い飯を作り、その飯を定期的に客が食べたいと思うかどうかだ。

仮に飲食をするならはじめは移動式の屋台からだ。
そうでなくては不動産屋や自分を信じて購入した土地なんて全く宛てにならないし、私みたいな縁の薄い人間が借金して店を構えるなんて決してやってはならない行為だ。
とにかくお金がないと頭が馬鹿になる。



どうせ完成しないが今書いているライトノベルはあと100日で完成させる。
そう言う関係の言うだけ只の目標ならMMD制作者になり或いはネットに漫画を上げる。
安い自分だから私はもうこのブログがある程度読まれる事で多少は満足している。
もうすでにそんなふわふわとした目標なんてどうでも良いんだ。

大体自分が成さなければ達成しない目標なんて下らない。
世の中なんて三億円宝くじが当たってしまえばそれで万事OKだろう。
インフレさえ起きなければ世の中で現金が一番信用が出来る。



今月は残業をあまり入れなかったせいで貯金があまり出来なかった。
仮に残業が出来なくなればこの業務も既に危ういだろう。
掛け持ちも探しているが都合がつかず尻みしている。

結局世の中は金で、その貨幣だって本当は下らない。
都合さえつけばじゃぶじゃぶと刷られて垂れ流されている。
もうこんな世の中に未練はないが20歳未満の人間が自殺すると私は何とも言えない気持ちになる。
それは死ぬなとは思う。
死ぬタイミングなんて世の中には幾らでもあるんだから。

しかし同時に歳を取ると未練がましくなって中々死ねなくなる。
何より中年や老人の死には美しさがない。
死んだって大体誰も悲しみはしないんだから。
だがしかしアドルフ・ヒトラーは老人が多く自殺する国は滅ぶと言っていたし、老人の死には注視するべきかもしれない。
中年の死はどうかと言うと恐らくは誰も気にしないのかもしれない。



とにかく私もいつ死ぬかだ。
やはり孤独と言うものは難しい乗り越えられない感情だ。

その感情を女を叩いたり結婚を叩いたり政府を叩いたり親を叩いたりしながら匿名で管を巻き、自分をごまかしていては解決する2ものではない。

2ちゃんねるの住人は身内だが度を越して馬鹿な連中だ。
孤独と言うのは心の臓に杭を打ち込むか、或いは心の臓に手を当てて本当に心の底から孤独と向き合うしか打ち勝つ方法はない。
2ちゃんねるの住人の孤独の向き合い方は必ず自分の首を締め付ける。
安易に孤独に迎合すれば必ず後悔する日が来る。

とにかくネットには他人を集団自殺に巻き込もうと、他人の足を引っ張ろうとしている連中が沢山いる。
それはもう自分が追い詰められると他人の苦しみぐらいしか見たいものがなくなる。
人間は追い詰められるとすぐに言論を調整し始める。
私ももう自分を保てなくなっている。



しかし今日一番よく見ているユウチュウバーのコメント欄を見ていたらナヨナヨした敬語を喋るくせに妙にふてぶてしい気持ちの悪い奴だなと思っていたユーザーが何が気に入らなかったのか他のコメントしたユーザ相手に大暴れてしていてドン引きした。

あの態度は覚悟もなく相手に喧嘩を売っていると思われてもしょうがのないようなコメントをして起きながら、相手が反論してきたらビヒッてヒステリーを起こしたようにしか私には見えない。

やはりナヨナヨした敬語を喋る正義感ぶった人間には私も含めて死んでほしい。
気持ちが悪い人間の癖に控えめぶって、下手したらすぐに覆い被さってくる。
よっぽど何かコメントしようかと思ったが辞めた。

私が言うのも何だが昔から過剰にアイドルに握手を求めて、尚且つそれが当たり前だと思っているファンのような気持ち悪さがあり前々から嫌いだったのだが、やはりあの人は人間性が狂っていると思った。

多分大分ずれているから日常生活でもうざがられていると思うが本人に自覚はないだろうと思う。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/694-656f071c
Template by :FRAZ