back to TOP

admin |  RSS
imagessitagay.png

嫌われすぎて人が辞めていく人間なんて本当に見たことがない。
仮に確認できても私の心は救えないだろう。
私がタイトル通りのブログにできていないのかもしれないがこのブログのアクセスを見ても人は自分と関係のない所で誰が嫌われていても関心がない。

仮に人が辞めていく時にユウチュウバーのMさんならどう思うかは新鮮だった。
Mさんは自分と対立していた同僚が辞めた時「多分あの人もね結構点々としとるわ」と言った。そうなのかもしれない。

私だって辞めたいが銭がないと私は死ぬんだよ。
どうでも良い事だが社会がリュウチェルの痛みが自分に返ってくるシステムだったら、とてもどうでも良いとは思えないだろう。
他人事に聞こえるかもしれないがまさにそれが私の心境だ。

この水槽の中にいたら嫌でも人は人に影響を与え、自分の影響を考えずにはいられない。
私が過度だとしても、嫌われ者は私だけじゃないだろう。
だって辞める理由は人間関係が2割だ。
2割にしても世の中には自分のせいで辞めたのではないかと懺悔している人間が少なすぎる。



小田原ドラゴン先生という漫画家のツイッターを最近熱心に見ている。
動画配信を見た感想は元気のないピョコタン先生みたいな人でツイッターのフォローを見たらピョコタン先生を案の定フォローしていて″やっぱり″と言った感じだったがクラゲねこさんとニースズをフォローしていて意外だった。

ニートスズキは今何をしているのかと思いツイッターを見ていると“「僕以上にダメな人間はいない」とことあるごとにつぶやくくらげネコさんは、自立された生活をされ、実家に住まわれている親御さんに花や贈り物をするような立派な方です。”と言う文章と共に“「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」と言うブログをRTしていて、あれは恐らく界隈の君主に使えるタイプのブログだと思う。

私のブログも似たようなものだ。
1000万円貯金するつもりが駄目になったようで本人は憔悴していたが、私のブログと同じで文章が読みにくかった事もありとりあえずは熱心に読まなかった。
一言で言えば意外とどうでも良かったからだ。

私のブログだって同じようなものでたまたま私がMさんになついただけで、Mさんが引退すればきっと閲覧者はグッと減る。
私のことなんて皆どうでも良い。
どんなに辛い思いをしようが所詮魅力が低ければ低いほど他人事だ。

適当に書いているのであのブログ主がクラゲねこさんの周辺登場人物なのか、もしくはたまに名前を聞くバックレ太郎とか河井無太郎と言うような″よくは知らないが恐らくクラゲねこと同格なんだろう″と思わせるレベルの格上なのかは知らないが(そもそも私より格下のブログなんてないが)周辺登場人物のブログなら主が引退すればアクセスが経るのは当たり前なのがこの界隈。
主が引退しても私には自分が主になるような才覚はない。

散々書いた後に何となく名前を聞いたことのあるブログのような気がしてきたが、主が引退すればアクセスが減るとか言う話は脱線しただけで直接この人とは関係がない。
ブログを放置して1ヶ月後以上立っているようだがきっと色々なことがあったんだろう。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://sukaremono.blog.fc2.com/tb.php/700-c46eb962
Template by :FRAZ